「適応障害」という病名をご存知でしょうか。

みなさん、「適応障害」という病名をご存知でしょうか。

私は家族がそう診断されるまで聞いたことがありませんでした。

 私の家族がそう診断されたのは高校1年生の時でした。

 中学時代の友達はそれぞれの道を選び、新しい生活が始まりました。

 これまで、特に不登校やいじめもなかったのですが、入学した高校が県内でも有数の進学校ということもあり、勉強のプレッシャーは相当感じていたようです。

 通学にも時間がかかり、学校では新しい友人もできたようですが、その新生活にかなり無理をしていたのか、学校を休みたいと言い出しました。

最初は体調が悪いのかなと家族は思っていたのですが、休みが3日続くとやはり母も話を一生懸命に聞き出していました。

 すると泣きながら学校をやめたいと言い、学校に行く間に気分が悪くなり学校の玄関に着くといつも涙が出て止まらなかったと話してくれました。

 徐々に身体面にも不調が出てきて精神科に行き、適応障害と診断されました。

結局、高校はやめましたが、新たに自分で夜間の高校に入り、プレッシャーから解放されたのか、今は元気に普通に生活をし、結婚もしました。仕事ももちろんしていますし、新しい家庭もうまくいっています。

ただ、あの時無理に学校に行かせていたら今のような生活が送れていたのかと思うと、やめる決断を良いとした両親の判断は正しかったのだと、思います。

にほんブログ村・うつ病

コメント